医療保険

高額療養費制度とはどんな制度なのか?

高額療養費制度と言うのは、医療保険選びの中でも一番密接に関係してくる制度だと言っても良いでしょう。何となく、知っている方も多いとは思うのですが、ここで再度詳しく高額療養費制度についてご説明をしたいと思います。

まず高額療養費制度と言うのは、医療費が高額になってしまい、負担が大きくなった場合に国が補助をしてくれる制度です。補助というよりは医療費の自己負担額の上限が決められている、という感じですね。一定額を超えた医療費については払い戻しが受けられる非常に助かる制度なのです。普通病院にいくと医療費の3割を負担しているかと思います。これが大病などにかかってしまうと治療費が100万円を超えてしまったりすることもあります。

こういった高額医療費を助けてくれる制度ですので、しっかりと理解しましょう。この高額医療費制度は所得によって3つの種類にわけられます(70歳未満の方の場合)。
1・上位所得者
2・一般
3・低所得者
自分がどれに当てはまるのか?によっても受けられる金額が変わってきます。

まず「上位所得者」は標準報酬月額53万円以上の方。「低所得者」は住民税非課税の方。「一般」についてはそれぞれに該当しない方、という具合です。「上位所得者」の方の計算式は次のようになります。「150000円+(医療費−500000円)×1%」これが実際にかかる治療費になるというわけです。

「一般」の方の計算式は次のようになります。「80100円+(医療費−267000円)×1%」。

「低所得者」の方は「35400円」と一律の治療費になります。

ほとんどの方が一般に当てはまるかと思いますので、どんだ治療費がかかっても8〜9万円程度の自己負担で済む、という事になるのです。

この高額医療費制度がどれに当てはまるのか?などを知っていないと医療保険の入院日額を決める事は出来ません。5000円とか10000円とかの医療保険プランが多くなっていますが、本当にそんなに必要なのか?という事も自分の貯蓄額や収入を元に考える事も必要となってくるのです。この高額療養費制度は事前に申請をすれば窓口で清算をしてもらえます。出来ればあらかじめ申請をしておきたいところです。

そうすれば自己負担限度額のみの清算で済みますので。最後になりますが高額療養費は家族で合算できます。世帯で複数の方が同じ月に病気や怪我をして医療機関で受診した場合や、一人が複数の医療機関で受診をしたりした場合は自己負担額は世帯で合算する事が出来るのです。