医療保険

未熟児養育医療費制度とはどんな制度なのか?

未熟児養育医療費制度とはいったいどのような制度になるのでしょうか?未熟児養育医療費制度と言うのは、医師が入院養育が必要と認めた赤ちゃんが指定の医療機関で入院・治療を受ける場合に、その医療費が援助される制度の事を言います。地域や保護者の所得によっては一部自己負担金がかかる場合もありますが、その分は乳幼児の医療費助成の対象になります。この未熟児養育医療費制度が適用となるには条件があります。

その条件とは、赤ちゃんの出生体重が2000g以下・黄疸の治療・多胎出産の場合など、対象条件のいずれかに該当する未熟児で、入院して養育を受ける必要があると医師が認めたとき。と定められています。これに該当するかどうか?もしっかりと知らなくてはなりません。未熟児養育医療費制度で実際に助成してもらえる金額としては、原則としては指定の養育医療機関における入院・治療費が公費負担になります。

世帯の所得額などに応じて、一部自己負担の場合もありますので注意が必要ですね。この制度自体、自治他が大切な赤ちゃんの入院や治療費を負担してくれる制度になりますので、もしもの時は非常に助かる制度です。お金の心配と赤ちゃんの心配を同時にする、これほど精神的負担が大きくなる事もありません。しっかりと大切な赤ちゃんの治療に集中する為にも知っておきたい制度だと言えるでしょう。