医療保険

先進医療

先進医療という言葉を最近ではよく聞くようになりました。特に医療保険を考えている方はなお更よく聞くことでしょう。では先進医療とはそもそもどんな事を言うのでしょうか?先進医療とは、新しい医療技術の開発、患者さんのニーズの多様化に対応をする為に健康保険の診療で認められている「一般の医療水準を超えた最新の先進技術」として厚生労働大臣から承認された医療行為のことを言います。

平成 26 年 1 月現在では 109 種類の先進医療があります。先進医療の治療は主にがん治療に使用される場合が多くあります。2 人に 1 人が癌になると言われている今、がん治療に関して常に新しい最新の治療技術が開発されています。今後も先進医療については増えて行く事が予想されています。では実際に先進医療の治療費と言うのはどれくらいかかるものなのでしょうか?

癌などの大病にもなると先進医療の費用は200万円〜300万円ほどとも言われています。これを自己負担で支払うのは、と思う方も多いですね。しかも簡単な手術でもどんどん先進医療は増えてきています。その為、多額な治療費を支払う事のないように医療保険では先進医療特約がほとんど付帯する事が出来るようになっています。医療保険の種類にもよりますが500万円〜2000万円まで付帯する事が出来ますので、出来れば先進医療2000万円が付帯出来る医療保険を選択したいところですね。